編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

ホームホスピスで受けられるサービスと特徴

ホームホスピスとは、自宅に近い雰囲気の中で生活し、最期の時まで過ごすことができる場所です。 自宅でも病院や施設でもないホームホスピスではどんなサービスが受けられ、どんな特徴があるのでしょうか?

投稿日時
2014年7月30日
カテゴリ
介護に役立つ記事
ホームホスピス愛逢の家 お食事
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームホスピスで介護のサービスは受けられるの?

ホームホスピスでは、入浴介助や排泄介助などの介護を受けることができます。
原則として、これらのサービスは介護保険を使ってホームヘルパーを自宅であるホームホスピスに来て貰うことになります。

ホームホスピスの経営母体が訪問介護の事業も行っており、そこからヘルパーが派遣される形です。
ただし、昼夜を問わず1人はヘルパーが常駐しているので、「喉が渇いた」「トイレに行きたい」などの要望にも応えることができます。

ホームホスピス愛逢の家 食事の準備

ホームホスピスではレクリエーションやリハビリはするの?

ホームホスピスは介護施設や病院ではないので、レクリエーションやリハビリの時間は基本的にはとっていません。
あくまでも自宅に近い状態で過ごす場所ということです。

その代り、ホームホスピスから日中デイサービスやデイケアに通うことはできます。
また、ホームホスピスによってはボランティアの方などが訪れたり、誕生日会などを催したりしています。

とはいえ、日々豊富なレクリエーションが受けられたり、リハビリのサービスがあるところはないことは知っておいてください。
ホームホスピス愛逢の家 お食事

ホームホスピスで医療サービスは受けられるの?

ホームホスピスは、病院のように医療や看護を受ける場所ではありません。
普通の家に高齢者が集まって暮らしていると考えた方が分かりやすいかもしれません。
ホームホスピスによって、毎日体温や血圧などの健康チェックをするところもありますが、計測による健康管理は実施していないところもあります。

ホームホスピスには、医師や看護師もいません。
根本的に、医療を受ける場所ではないのです。
とはいえ、看護師がホームホスピスを立ち上げるケースもあります。
また、自宅と同じように訪問看護や訪問診療を受けることはできます。

ホームホスピス愛逢の家 居室

ホームホスピスのサービスの特徴

ホームホスピスというのは、あくまでも共同生活をする場所です。
高齢者専用のシェアハウスだと思って頂けると想像しやすいかもしれません。
ホームホスピスの利点としては、自由度が高いことが挙げられます。

例えば入所施設では入浴の回数や曜日、時間帯が決まっていることも少なくありません。
しかし、ホームホスピスは自宅と同じ扱いなので、好きな回数好きな時間にヘルパーを使って入浴をすることができます。

また、がんの末期の方の場合、ホスピス病棟に入る為にはがんの積極的治療をしないことが条件の1つになっています。
その点ホームホスピスは積極的な治療をする方でも受け入れてくれます。
自宅で治療をしながら住み続けることが難しい方もホームホスピスでは闘病を続けることができるのです。

また、手作りの温かい食事が食べられるというのもメリットの1つだと思います。

逆に、レクリエーションを求める方大勢の方とのコミュニケーションを楽しみたい方などには不向きの場所かもしれません。
とは言え、一人暮らしの方など自宅で暮らし続けるのは難しいけれど、病院や施設で最期を迎えたくないという方の新しい選択肢の1つとして有効なのではないでしょうか。

ホームホスピス愛逢の家 お風呂

ホームホスピスで受けられるサービスと特徴まとめ

ホームホスピスで受けられるサービスと特徴を以下にまとめました。

  • ホームホスピスは自宅扱い。ホームヘルパーが入る形で介護サービスを受けられる。
  • 基本的に医師や看護師はいないが、医療サービスは訪問診療や訪問看護で受けられる。
  • レクリエーションは充実していないが外のデイサービスに通うことはできる。
  • 自宅に近い形で自由に過ごすことができる。
  • レクリエーションを求める方には不向きかもしれない。
  • がん末期の方でも積極的治療を受けられる。
  • 自宅と施設以外の新しい生活の場の選択肢のひとつである。

(撮影協力:ホームホスピス愛逢(あいあい)の家)

※ホームホスピスについてこちらの記事でもまとめています。
ホームホスピスってどんなところ?

投稿者
山本 由美子
投稿日時
2014年7月30日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ