Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/masahiroyamamoto/www/kaigo-library2014/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210
介護現場における成果をあげる業務改善5つのポイント【名古屋】 | 介護ライブラリ

全国の介護に関するイベント情報

介護イベント情報

介護現場における成果をあげる業務改善5つのポイント【名古屋】

日時:
2015年4月24日(金)10:30~16:00
会場:
名古屋企業福祉会館
住所:
愛知県名古屋市中区大須2-19-36
定員:
50名
対象:
介護職従事者/リーダー/管理者
料金:
8,500円(税込)
主催者:
介護看護研修社
お問い合わせ先
電話:072-275-4615
FAX:072-275-4625
ホームページ:http://kaikanken.com/seminar/201504/24-a-oda.html
チラシPDF:
チラシPDFファイルダウンロード
このエントリーをはてなブックマークに追加

介護現場における成果をあげる業務改善5つのポイント 詳細

内容
1.問題解決の思考法

  •  ストレングス視点でも組織を見る
  •  PDCAってやる意味あるの?
  •  心が動けば体も動く
  •  チームが動くためのコツ

2.現場を徹底分析

  •  分析の視点やその手法
  •  何のために現場を分析するのか
  •  理想の現場をビジョニングする
  •  課題の抽出とそのワード化
  •  チームで理想の現場を共有するために

3.行動につながる業務改善ポイント

  •  スタッフの成長とモチベーションを引き出す対話力
  •  その一言が指示待ち人間を作っている
  •  成果を出す5つのポイント
  •  現場におけるプレゼンテーションの基本

問題解決技法を習得し現場を徹底分析

介護保険法改正、クレーム、法人の意向などにより、たびたび現場の業務改善・変革を求められます。管理職やリーダーは、常にサービスの在り方や組織、経営について問題意識を持ち、業務改善を企画・提案し、具体的な取り組みを行う力が必要です。現場を多面的な視点、着眼点、発想により、現場の問題点・課題を徹底分析し、解決に取り組むことができる、その一助となる研修です。「情報共有がうまくいかない」「決まったことが実行されない」「人が定着せず育成に手が回らない」などに対する具体的な提案とともに、効率よく解決策を見つける視点、対応力を手に入れてください。思考パターンを実際の現場に落とし込み、チーム力をあげ、内部におけるプレゼンテーション力をアップ。問題意識をスタッフにも共有化させ、着実に業務改善を成し遂げていきましょう。