編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

介護でおすすめの本「介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア 」田中義行 (監修)

このページでは、介護をしている人・介護について勉強したい人におすすめの本を紹介しています。ここでお勧めするのは、拘縮のある人に対してのポジショニングを写真でわかりやすくまとめた「介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア」です。

投稿日時
2017年7月29日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ
介護でおすすめの本「介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア
このエントリーをはてなブックマークに追加

寝たきりの家族を持つ人や介護の現場で働くスタッフにおすすめ

介護の現場で働く介護スタッフの多くが経験する、寝たきりの方のケア。
あまり知識がないままに教科書どおりのケアをしているけれど、自信がない。
どうすれば寝たきりの方が楽だと感じてもらえるのかを知りたい。
そんな人も少なくはないと思います。
私自身も、介護現場で働いているときは寝たきりの方のポジショニングで悩みました。

こちらの本では、拘縮がある方に対してのケアの例を、実際に写真で見ながら学ぶことができます。
監修しておられるのは、一般財団法人日本介護技術研究会の会長でもある田中義行さん。
介護スタッフに向けたセミナーも大人気の方です。
ポジショニングで悩んでいる方にはおすすめの本です。

「介護に役立つ!写真でわかる拘縮ケア」を読んだ方の感想抜粋

オールカラー 介護に役立つ! 写真でわかる拘縮ケア

田中義行先生は、PTの知識を最大限生かしながら、一般の介護職にもよく分かる用語解説、要点を押さえた写真、一つ一つのケアの方法が見開きでまとまったページ構成で、実践を助けます。何よりページのデザインがよく、すっと納得できるので「できる気持ちにさせます(多分できます)」

脳血管障害後遺症、脊髄損傷後遺症、パーキンソン病、ALS: 筋萎縮性側索硬化症、廃用症候群など様々な原因で臥床した状態が続くことなどにより起こる拘縮に対するケアの方法についてカラー写真でわかりやすく書かれています。病院や介護施設で勤務している方、拘縮のある方を介護している家族の方は介護の参考になると思います。

(※Amazonカスタマーレビューより抜粋)

介護でおすすめの本 一覧」へ

投稿者
山本 由美子
投稿日時
2017年7月29日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ