編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

介護施設を見学する時にチェックするべき5つのポイント。

特別養護老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅・有料老人ホームなど、色々な介護施設があります。それらの介護施設を見学する時に、何を見て、どういうポイントをチェックした方が良いのでしょうか?介護施設見学のポイントをまとめました。

投稿日時
2015年6月16日
カテゴリ
介護に役立つ記事
施設見学のポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

介護の施設といっても、サービスは色々。

特別養護老人ホーム・グループホーム・サービス付き高齢者向け住宅・有料老人ホームなど、介護の施設と言っても色んな種類があり、それぞれに役割や値段、サービスなどが違います。

また、同じ種類の介護施設であっても、サービスの品質はバラバラで、中には設備もサービスもイマイチな施設があるのも事実です。

少しでも良い介護施設に巡り合うために、介護施設に見学に行く時のチェックポイントを挙げてみました。

介護施設を見学する時にチェックするべき5つのポイント。

1.入居者の顔・表情

まず一番大事なのは、その施設にいる人の顔を見るということです。
既に入居している人がどんな表情をしているかは、その介護施設が良い施設かどうかを推し量るための重要な要素の一つになります。

退屈な顔というだけでなく、生気のない顔をした人がボーっと座らされているだけ、という施設では、あなたやあなたのご家族も同じ目に遭うかもしれないと考えましょう。

2.スタッフの顔・態度・服装

次に見るのは、スタッフの顔・態度・服装です。
どんなに素晴らしい設備のある施設であっても、日常の雰囲気を作りだすのはそこにいる人々です。スタッフがいきいき働いている施設は、活気が出て雰囲気が良くなり、良いサービスも期待できますが、逆に嫌々働いている施設では良いサービスは望めません。

また、見学者や家族に対しては笑顔で対応していても、入居者に対して威圧的な態度を取ったり、タメ口など必要以上に砕けた言葉で話したりする施設では、サービスが徹底しているとは言えないと思います。

服装も、制服だからOKではなく、爪が伸びていたり化粧が濃すぎたりズボンの履き方がだらしなかったり、働く大人としての自覚がないようなスタッフがいる介護施設には安心して家族を預けることはできないと思います。

3.食事

介護施設で生活する上だけでなく、日本人として生きる上で、毎日の食事はとても大切な要素になります。ご飯がおいしく食べられるかどうかで、生活の質が変ってくると言っても過言ではないと思います。

「ミキサー食やアレルギー食に対応しています」ということだけを売り文句にしている介護施設はもう古いと考えていいでしょう。

食事の味はもちろん、見た目に美味しそうかどうか、旬のものを取り入れたり季節を感じられる内容かどうか、温かい物は温かいうちに食べられるかどうかなど、厳しくチェックしてください。
機会があれば、実際に入居している方に「ここのお食事はどうですか?」と聞くのも良いかもしれません。

4.信念・こだわり

介護施設を運営するということは、高齢者の晩年の過ごし方や、介護の在り方などについて、ある程度の信念やこだわり、ポリシーのようなものがあってしかるべきだと思います。

例えば、「うちの施設ではできるだけ紙おむつを使わずにトイレで排泄をしてほしいと考えて、こんな風に実践しています」とか「入居者の方の情報をできるだけ共有できるように、こんな独自の共有方法をとってスタッフに徹底しています」とか、「利用者さんと2週間に1度面談をして、不満や悩みがないかを出来る限り聞きだすようにしています」とか、何か他の施設とは違う特色が出てくるはずです。

逆に言うと、「ていねいな介護を心がけています」「コミュニケーションを大事にします」など、具体的でないことや当たり前のことをモットーに掲げている施設は、それ以上のこだわりがない可能性があります。

5.看取りについての考え

介護施設に入る時に、介護施設で最期まで暮らしたいと考えている方なら、看取りについてのお話も聞いておく必要があります。

施設に入る時はある程度元気であっても、死というのは誰にでも平等に訪れるものです。
その時になって「こんなはずじゃなかった」と思って後悔するのは、本人にとっても、家族にとっても非常に辛いことです。
あらかじめ、最悪の事態を想定しておくことをおすすめします。

例えば、治る見込みのない病気や老化で身体が弱った時に、延命治療を受けたくないと思っているのであれば、その時点で病院に搬送せずに施設内で看取ることが可能かどうかを確認しておくべきです。

万一の時に、施設内でどこまで対応してもらえるのか、これまでに施設で亡くなった方はどんな亡くなり方をしたのかなど、細かく聞いておき、本人や家族の意思もしっかり告げておきましょう。

介護施設を見学する時にチェックするべき5つのポイントまとめ

今回ご紹介した見学のポイントの中に、施設の設備に関するものがないことで意外に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

介護施設を見学する時、意識しなくても設備には目がいきやすいというのがその理由です。

逆に、設備の良さに目を奪われて、肝心のサービスができていない施設を選んでしまうことも多いため、今回は5つのポイントの中に設備を含みませんでした。

介護施設はホテルではなく、生活の場です。

デザインが美しく、豪華であっても、そこに生きる人々に活気がなければそこで暮らしていくことが苦痛になりかねません。

逆に、設備は整っていなくても愛情と誇りを持って働くスタッフが、創意工夫を凝らしている施設は、どんどん進化して良いサービスを増やしていける可能性があります。

最終的には、良い介護施設=あなたの考えや好みに合う介護施設です。
上記のようなポイントを押さえながら、色んな施設を見学しにいってみてください。

(関連記事)
介護施設に入所する可能性があるなら、出来るだけ早めに検討を。

投稿者
山本 由美子
投稿日時
2015年6月16日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ