編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

有料老人ホームとは?有料老人ホームの種類と特徴

このページでは有料老人ホームの種類と特徴についてわかりやすくまとめています。有料老人ホームとはどんな老人ホームなのでしょうか?

投稿日時
2015年8月31日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ
有料老人ホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

有料老人ホームとは?

有料老人ホームとは、民間企業や社会福祉法人などが運営する高齢者向けの住宅のことです。
高齢者の「住まい」であると同時に、食事や家事、健康管理、介護など、施設によって様々なサービスを受けることが出来ます。
入居者はそれぞれ個室(夫婦で入居できるところもある)に暮らしながら、施設でのサービスを受けて生活をします。

有料老人ホームは、他の高齢者の入居施設に比べて比較的高額である場合が多く、中には入居時に支払う一時金が、数千万から数億円という施設もあります。
ですが、そのような高額な有料老人ホームは一時に比べて減少傾向にあり、最近ではサービス付高齢者向け住宅と変らない価格設定の施設も増えてきました。
とはいえ、特別養護老人ホーム(通称特養)に比べるとどうしても高額であり、その分入居待ちが出ることは少なく、すぐに入居できるところも少なくありません。

有料老人ホームの種類と特徴

有料老人ホームは、「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類に分けられます。

健康型有料老人ホームは、健康な高齢者が余生を楽しむ場所。

一番分かりやすいのは「健康型」です。
これは元気だけれど、1人で暮らすのが心細い人や、金銭的に余裕のある人が楽しみのために入居する老人ホームです。
ホテルのような内装に選べる食事、運動設備や娯楽設備などがついていることが多く、元気なうちに余生を楽しむ場所です。
そのため、医療や介護スタッフがおらず、たとえば介護が必要になったり、重い病気にかかったりした場合には退去しなくてはなりません。

介護を受けることを第一に想定した介護付有料老人ホーム。

次にわかりやすいのは「介護付」です。
介護付有料老人ホームは、国が定めた一定基準の介護スタッフを配置するなど、介護を受けることを前提にした有料老人ホームです。
有料老人ホームの中に、介護スタッフや看護スタッフがいて、要介護度に応じた介護サービスを受けることができます。
ただし、病気や認知症が重くなっても最期まで入居できるか等は施設によって異なります。
また、介護が必要な人だけが入居できる施設と、元気なうちから入居できる施設(混合型)の2種類があります。

住宅型有料老人ホームは、外部事業者と契約して介護を受ける事ができます。

最後の「住宅型」は、「介護付」と「健康型」の中間のような有料老人ホームです。
「健康型」ほど元気な人に特化しているわけでもなく、かといって「介護付」のように国が定めた介護スタッフを置いているわけでもありません。
「住宅型」有料老人ホームは、名前の通り、住む場所を提供する有料老人ホームです。
もし介護が必要になった場合は、外部の介護サービス事業者と契約をすることで介護サービスを受けることができます。
好きな介護サービスを選ぶことができるのがメリットですが、中には関係会社が運営している訪問介護事業所と提携している施設もあります。

有料老人ホームでのトラブルを避けるために。

例えば、先に挙げた健康型有料老人ホームの場合、ゆくゆく介護が必要になった場合に退去を迫られる可能性があります。
そのため、せっかく大金を支払って入居しても、数年後には出て行かなくてはいけないこともあります。

今元気であっても、数年後、数十年後をしっかり見据えて、介護が必要になった時にはどうなるのかをしっかり確認することが必要です。

最後の家として有料老人ホームを選ぶ時は、一時の勢いで決めるのではなく、何度も見学に行く、じっくり話を聞く、他の施設とも比較をするなどゆっくり時間をかけて選ぶことをおすすめします。

投稿者
山本 由美子
投稿日時
2015年8月31日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ