編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

親の介護を手伝いたい。孫だからできる介護の方法

介護に疲れた親を見ると、孫としておじいちゃんおばあちゃんに何かできないかと思うことがあります。そんな時、孫だからこそ出来る介護を手伝う方法を考えました。

投稿日時
2016年6月11日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ
親の介護を手伝いたい。孫だからできる介護の方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

201620162016お父さんお母さんの介護を手伝いたい。

親を手伝っておじいちゃんおばあちゃんを介護する若者が増えています。

介護を頑張る親を見て、自分にも何かできないだろうか?と思う孫は少なくありません。
ですが、何をどう手伝って良いのか分からない人もいるでしょう。

そんな孫だからこそできる介護の方法を考えてみました。

孫だからできる介護の方法

1.スキンシップをはかる

孫に触られて喜ばないおじいちゃんおばあちゃんはいません。

手を触ったり肩を揉んだり背中をさすったり、スキンシップを図ってあげてください。きっと心が穏やかになるでしょう。

2.介護をしている親の話を聞く

介護をしていると、しんどいことも多いです。
ですが、親が介護で悩んだ時に話を聞くだけで楽になることもあります。

一人で受け止めると辛いことも誰かと共有することで笑い話になるのはよくあることです。
何より、1人で介護してるのではないという安心感を持つことができるでしょう。

3.見守りをする

食事やトイレの介助は手伝いにくい方も、一緒に時間を過ごすだけならハードルは低いはずです。数時間家族が見守りをするだけで、メインの介護者は安心して休息を取ることが出来ます。

「おじいちゃんと一緒にいるから、その間どこか出かけてきたら?」と声をかけてあげてください。

4.情報を調べる

一日中介護をしている人は忙しく、自分で情報を調べる時間をなかなか持てません。

「こんな時はこうしたらいいらしいよ。」「こんな商品をみつけたよ。」と調べて教えることで助けになることがあります。

特に普段インターネットを使わない方は情報が不足しがちです。「何か調べることはある?」と声をかけてあげてください。
パソコンを使っている孫のイラスト

誰かがいることが助けになる。

介護は、実際に食事を食べさせたりトイレに付き添ったりするだけではありません。
食事作りや洗濯・掃除・買い物やケアマネ、介護サービス事業所との連絡・怪我の処置など・・・。
とにかく色んな事をするので大忙しです。

ですが、周りに手助けをしてくれる人、相談できる人が一人でもいれば随分と気持ちの負担が減るのです。
お父さんお母さんが介護で大変そうだなと思ったら是非孫の立場からできることをしてあげてください。
介護を「親の仕事」と捉えるのではなく「家族全体でおじいちゃんを支える」という気持が大切なのです。

投稿者
山本 由美子
投稿日時
2016年6月11日
カテゴリ
介護に役立つ記事
タグ