編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

高齢者にもやさしいお食事&おやつレシピ集 第1回(現在、全14回)

介護食レシピ きな粉とゴマの豆乳ぷりん

むせやすい”きな粉”を溶かし込むことで手軽にタンパク質、ミネラルが摂取できます。 また、ゴマにはビタミンEなどの抗酸化成分が豊富に含まれおり、細胞の老化やガン化を抑制する作用があるといわれています。

投稿日時
2013年3月19日
カテゴリ
連載記事
タグ
高齢者に優しいレシピきな粉とゴマの豆乳ぷりん
このエントリーをはてなブックマークに追加

きな粉とゴマの豆乳ぷりん

材料  (2~3人分)

~材料A~

  • 練りゴマ(白) 20g
  • コンデンスミルク 20g
  • きな粉 5g
  • グラニュー糖 5g

~その他の材料~

  • 牛乳 100cc
  • 板ゼラチン 3枚(3g)
  • 豆乳(無調整) 100cc
※アレルゲン 乳、ゼラチン、大豆

作り方

(1) ゼラチンをふやかす
ミルク鍋に牛乳とゼラチンを振り入れ、そのまましばらく浸しておく。

(2) 生地を合わせる
ボウルに材料Aを入れ混ぜ合わせる。

(3) ゼラチンを溶かす
(1)を弱火にかけ、軽く温めてゼラチンを溶かす。

(4)生地を合わせる
(2)に(3)を少しずつ加え混ぜる。

(5) 冷やし固める。
(4)に豆乳を加えて混ぜ、全体の温度を下げる。

(6)仕上げる
(5)を器に流し、冷蔵庫で冷やし固める。

甘さの加減はグラニュー糖で調整しましょう。

著者プロフィール

加奈山 健身

専門技能調理師(国)及び介護食士の資格を保持するフードコーディネーター。クッキングスクールの講師でありながら介護食の研究やコーディネートもしている。また、介護ライブラリにおいて料理監修も務め、幅広い「食=職」の分野で活動中。

加奈山 健身
投稿者
加奈山 健身
投稿日時
2013年3月19日
カテゴリ
連載記事
タグ