編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

高齢者にもやさしいお食事&おやつレシピ集 第5回(現在、全14回)

介護食レシピ 豆腐とひじきのつくねバーグ

ひじきはミネラルに富み、骨粗鬆症の予防になるカルシウム、貧血予防の鉄分、塩分を排泄する働きのあるカリウム、体内での酵素の働きを助けるマグネシウムなどを多く含みます。作りすぎたひじきの煮物を手軽にリメイクしましょう。

投稿日時
2013年8月19日
カテゴリ
連載記事
タグ
高齢者に優しいレシピ豆腐とひじきのつくねバーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

豆腐とひじきのつくねバーグ

材料  (2~3人分)

生地の材料

  • もめん豆腐(水切りしたもの)・・・・・・・・120g
  • 鶏ひき肉・・・・・・・・80g
  • ひじきの煮物・・・・・・・・40g
  • 生パン粉・・・・・・・・20g
  • 卵黄・・・・・・・・1コ分
  • 小麦粉・・・・・・・・5g
  • サラダ油・・・・・・・・適量

あんの材料

  • 出し汁 ・・・・・・・・90cc
  • 薄口醤油・・・・・・・・小さじ1
  • みりん ・・・・・・・・小さじ1
  • 水溶き片栗粉・・・・・・・・大さじ1

その他の材料

  • 大根おろし・・・・・・・・20g
  • なめ茸・・・・・・・・10g
  • カイワレ・・・・・・・・少々
※アレルゲン 乳・大豆・鶏肉・小麦

作り方

(1)下ごしらえ
豆腐は重しをして水切りしたものを120g使用する。

(2)生地を混ぜる
ボウルに鶏ひき肉、ひじきの煮物(煮汁をきったもの)、生パン粉、卵黄、小麦粉を入れて混ぜる。

(3)生地を合わせる
(2)のボウルに(1)を入れ全体が滑らかにまで、よく混ぜる。

(4)成形する
(3)の生地を2~3等分に分け小判型に成形する。

(5)焼く
フライパンにサラダ油を熱し、(4)を中火で両面焼きにする。

(6)あんを作る
別鍋にだし汁、薄口醤油、みりんを入れて加熱する。沸騰したら水溶き片栗粉でトロミをつける。

(7)仕上げ
器に(5)を盛り付け(6)のあんをかけ、仕上げに大根おろしとなめ茸、カイワレを添える。
(※あんに大根おろしとなめ茸を混ぜ込んでも良い)

豆腐はしっかりと水気をきってから具材と合わせましょう。
一時間ほど冷蔵庫で冷やしておくと成形作業がしやすくなります。

著者プロフィール

加奈山 健身

専門技能調理師(国)及び介護食士の資格を保持するフードコーディネーター。クッキングスクールの講師でありながら介護食の研究やコーディネートもしている。また、介護ライブラリにおいて料理監修も務め、幅広い「食=職」の分野で活動中。

加奈山 健身
投稿者
加奈山 健身
投稿日時
2013年8月19日
カテゴリ
連載記事
タグ