編集長が集めた介護の情報をお届けします

介護のトピックス

介護予防と地域交流の高齢者支援の場「まちcafeなごみ」

高齢者支援の場と、地域交流のつどい場が合体した新しい取り組みとして、西宮市東鳴尾町(阪神洲先駅すぐ)にオープンした「まちcafeなごみ」を取材しました。

投稿日時
2015年1月30日
カテゴリ
介護の取材リポート
タグ
まちcafeなごみ
このエントリーをはてなブックマークに追加

つどい場から、街の高齢者支援の場所へ。

兵庫県西宮市鳴尾東で子供からお年寄りまで集える居場所だった、つどい場和(なごみ)が2014年11月に阪神洲先駅前に移転しました。
今度は、西宮市の介護保険制度のモデル事業として、地域交流のつどい場&介護予防デイサービスという2つの顔を持つ場所として生まれ変わっています。

中を覗いてみると、何ともおしゃれなカフェ空間が広がっています。

まちcafeなごみ 室内

ドリンク1杯100円で、自由に過ごすことができる場所

まちcafeなごみのすごい所は、たったの1杯100円のドリンクで、地域の誰もが利用できることです。

毎日の日課に、散歩のついでに、近所の仲間と連れ立って、地域の方が自由に立ち寄ることができる、地域の交流スペースです。

初めて来た方は、まちcafeなごみの成り立ちや、ルールの説明を受けてもらい、利用登録をしてから利用して頂きます。

オープンからたった3カ月の間に、240名もの方が利用登録をされ、そのうち半数以上は65歳の高齢者なのだそう。1日平均30~35名前後の方が利用され、男性高齢者の方も積極的に利用されているそうです。

まちcafeなごみ スタンプカード

2015年4月からは介護予防のミニデイサービスとして稼動予定。

お茶を飲みに、ただ集まるだけではなく、今後は介護予防を目的とした活動も行われる予定です。

介護保険制度の改正が適応される、2015年4月からは、要介護認定で要支援1,2の認定を受けた方は、介護の予防のために、時間を決めて定期的に訪れてもらう、ミニデイサービスとしても稼動する予定です。また、まちcafeなごみでも要介護認定を受ける手続きをすることも可能です。

要支援対象者がミニデイサービスとして利用する際は、介護保険を利用した新たな料金体制で利用することとなります。

街の人々と交わりながら、介護予防のサービスを受けることができる新たな仕組みが、もうすぐ実現しそうです。
まちcafeなごみの、今後のますますの発展が期待されます。

まちcafeなごみ 座席
まちcafeなごみ 座敷スペース

お問い合わせ先

まちcafeなごみ

住所
兵庫県西宮市東鳴尾町2丁目16-19-102
電話
0798-20-2333
HP
http://narunago.wix.com/machicafe
まちcafeなごみ 外観
投稿者
山本 由美子
投稿日時
2015年1月30日
カテゴリ
介護の取材リポート
タグ